HOME > 即効テクニック > AccessVBA > コントロール > イミディエイトウィンドウに出力する(DebugオブジェクトのPrintメソッド)

即効テクニック

コントロール

イミディエイトウィンドウに出力する(DebugオブジェクトのPrintメソッド)

(Access 97)
イミディエイトウィンドウは[表示]メニューの[イミディエイトウィンドウ]をクリックすると表示されます。
このウィンドウでは、デバッグ作業で、頭に「?」を付けて変数や式の値の確認をしたり、コードを入力するか貼り付けて、Enterキーを押すと、そのコードを実行することができます。
VBAでも、変数や式の値、処理結果などをDebugオブジェクトのPrintメソッドを使ってイミディエイトウィンドウへ出力することができます。
次のサンプルでは、連結した文字列をイミディエイトウィンドウへ出力しています。

Sub DebugPrint()
    Dim myStr As String
    
    myStr = "今日は" & Date & "です"
    Debug.Print myStr

End Sub

このサンプルを実行すると、「今日は2000/04/04 (火)です」とイミディエイトウィンドウへ出力されます。