HOME > 即効テクニック > AccessVBA > エラー処理・入力チェック > DCount関数でクエリの件数を取得時「0で除算しました」エラーを回避する

即効テクニック

エラー処理・入力チェック

DCount関数でクエリの件数を取得時「0で除算しました」エラーを回避する

(Access 97)
重複データを非表示にしたクエリを対象にして、 DSum、DAvg、DCount、DStDev、DStDevP、DVar、DVarp関数を使用して、クエリの"固有の値"プロパティを"はい"に設定し、その結果が1行の場合、クエリの件数を取得すると「0で除算しました」のエラーが発生します。
重複データを非表示にする必要がある時は、ユーザー定義関数を使用して、値を取得するなどしてエラーを回避します。
以下はクエリのレコード数を返す関数の例です。
●サンプル●
Function Sample()
    Dim db As Database
    Dim rs As Recordset
    
    Set db = CurrentDb
    Set rs = db.OpenRecordset("クエリ1")
      
    rs.MoveLast
    
    MsgBox "レコード件数は" & rs.RecordCount & "件です"

End Function