HOME > 即効テクニック > Access一般機能 > データベース・データ保護 > データを自動更新する間隔を変更する

即効テクニック

データベース・データ保護

データを自動更新する間隔を変更する

(Access 97/2000)
ネットワークで共有されているMDBのテーブルやフォームに表示されたデータは、一定の間隔で自動的に更新されています。その時間を任意の間隔に変更します。

○手順

(1)該当のオブジェクトを、データを参照できる状態で開きます。

(2)[ツール] →[オプション] を選択し、[詳細]タブを選択します。

[ツール]-[オプション]を選択

(3)[更新の間隔] テキストボックスに、変更する時間を入力します。

[更新の間隔]を変更

○補足

自動更新されるデータは、すでに表示されているデータが変更された場合のみです。新しいデータを表示したり、削除されたデータが非表示にする場合は再クエリ(Shift+F9キー)を実行します。
aotenスナックテクニックは、わかりやすい動画で公開中!
データを自動更新する間隔を変更する 」を動画でチェック