HOME > 即効テクニック > Access一般機能 > データベース・データ保護 > 自動的に番号が入力されるフィールドを作成する

即効テクニック

データベース・データ保護

自動的に番号が入力されるフィールドを作成する

(Access 2000)
オートナンバー型を使用すると、レコードを追加するときに自動的に番号が入力されるフィールドを作成することができます。自動生成された番号を、削除または変更することはできません。
作成手順は次のとおりです。
  1. テーブルをデザインビューで開きます。
  2. テーブルにフィールドを挿入するには、追加するフィールドの下側にある行をクリックし、[挿入(I)]メニューの[行(R)]をクリックします。 テーブルの最後にフィールドを追加する場合は、最初の空白行をクリックします。

  3. [フィールド名]列をクリックし、Accessの名前付け規則に従ってフィールド名を入力します。
  4. [データ型]列の右端にあるドロップダウン矢印「▼」をクリックし、[オートナンバー型]をクリックします。 「オートナンバー型」を選択
  5. 連続するオートナンバー型を作成するには、ウィンドウの下部にあるプロパティの設定値は変更しません。[フィールドサイズ]プロパティは [長整数型]に設定されており、[新規レコードの値]プロパティは既定で[インクリメント] が設定されています。乱数のオートナンバー型を作成するには、[標準]タブのウィンドウにある[新規レコードの値]プロパティを[ランダム]に設定します。
aotenスナックテクニックは、わかりやすい動画で公開中!
自動的に番号が入力されるフィールドを作成する 」を動画でチェック