HOME > 即効テクニック > Access一般機能 > データベース・データ保護 > テーブルのフィールドの定型入力を設定する

即効テクニック

データベース・データ保護

テーブルのフィールドの定型入力を設定する

(Access 2000)
定型入力を設定する事で、入力できる値をコントロールします。
独自の定型入力を設定する事もできますが、「定型入力ウィザード」を利用すると便利です。

  1. テーブルをデザインビューで表示して、定型入力を設定するフィールドを選択する。
  2. フィールドプロパティの[定型入力]ボックスをクリックすると表示される[ビルド]ボタン(...)をクリックする。 インストールした内容によっては、機能追加のダイアログボックスが表示されることがあるので、AccessのCD-ROMを挿入して、式ビルダを追加する。
  3. [定型入力ウィザード]が起動するので、用意されているリストの中から定型入力を選択するなど、テスト表示しながら必要な情報を設定する。
  4. 定型入力ウィザード
    データシートビュー
  5. 全てのダイアログボックスの設定が終了したら、[完了]ボタンをクリックしてウィザードを終了する。
aotenスナックテクニックは、わかりやすい動画で公開中!
テーブルのフィールドの定型入力を設定する 」を動画でチェック