HOME > モーグ学習室 > Excel 関数 > 第11回 文字列の一部を取り出す 3/4

第11回 文字列の一部を取り出す 3/4

第11回 文字列の一部を取り出す| 1/4  2/4  3/4  4/4 

RIGHT関数を使用して、名前を取り出す

次に、氏名から名前部分を取り出しましょう。名前部分は右側に配置されているため、RIGHT関数を使用します。

  1. セルC2を選択する。
  2. [関数の挿入]ボタンをクリックし、[関数の挿入]ダイアログボックスを表示する。
    ▼ 図03-01 セルC2を選択し、[関数の挿入]ボタンをクリック
    図03-01 セルC2を選択し、[関数の挿入]ボタンをクリック
  3. [関数の分類]ボックスから[文字列操作]を選択する。
  4. [関数名]ボックスから[RIGHT]を選択する。
  5. [OK]ボタンをクリックし、[関数の引数]ダイアログボックスを表示する。
    ▼ 図03-02 [関数の挿入]ダイアログボックス
    図03-02 [関数の挿入]ダイアログボックス
  6. [文字列]ボックスにカーソルを置いた状態で、セルA2をクリックする。
  7. [文字数]ボックスにカーソルを移動し、数式バー左端の[関数]ボックスの一覧から[その他の関数]を選択する。
    ※ [関数]ボックスには最近使用した関数の一覧が表示されます。
    ▼ 図03-03 LEN関数を挿入
    図03-03 LEN関数を挿入
  8. [関数の挿入]ダイアログボックスが表示されたら、[関数の分類]が[文字列操作]になっていることを確認する。
  9. [関数名]ボックスから[LEN]を選択し、[OK]ボタンをクリックして[関数の引数]ダイアログボックスを表示する。
    ※ LEN関数は指定した文字列の文字数を求める関数です。
    ▼ 図03-04 [関数の挿入]ダイアログボックス
    図03-04 [関数の挿入]ダイアログボックス
  10. セルA2をクリックする。
  11. [OK]ボタンは押さずに数式バー内の「RIGHT」をクリックします。
    ▼ 図03-05 数式バーを使い、関数の切り替え
    図03-05 数式バーを使い、関数の切り替え
  12. RIGHT関数の[関数の引数]ダイアログボックスが表示されたら、[文字数]ボックスのLEN関数の末尾に
    「-」を入力する。
  13. 数式バー左端の[関数]ボックスの一覧から[FIND]を選択する。
    ▼ 図03-06 FIND関数を挿入
    図03-06 FIND関数を挿入
  14. FIND関数の[関数の引数]ダイアログボックスが表示されたら、[検索文字列]ボックスに全角スペースを入力する。
  15. [対象]ボックスにカーソルを移動し、セルA2をクリックする。
  16. [開始位置]ボックスは空欄のまま、[OK]ボタンをクリックする。
    ▼ 図03-07 FIND関数の[関数の引数]ダイアログボックス
    図03-07 FIND関数の[関数の引数]ダイアログボックス

セルC2に結果が表示されます。

▼ 図03-08 氏名から名前だけを取り出す
図03-08 氏名から名前だけを取り出す

今回は、LEN関数を使用して氏名全体の文字数を確認し、FIND関数を使用して求めたスペースまでの文字数を引くことで、名前部分の文字数を算出してRIGHT関数で取り出す文字数に指定しました。

オートフィル機能を使用して数式をコピーし、全員分の名前を確認しましょう。

▼ 図03-09 数式をコピー
図03-09 数式をコピー

オートフィル機能で数式をコピーすると…

数式がコピーされ、全員の名前が取り出されます。

これで、氏名から名前を取り出すことができました。
このようにLEFT関数やRIGHT関数の引数に、FIND関数やLEN関数を組み合わせることで、文字数が不規則なデータにも対応できます。
次のページでは、住所から都道府県を取り出す方法をご紹介します。

第11回 文字列の一部を取り出す| 1/4  2/4  3/4  4/4