HOME > モーグ学習室 > Excel 関数 > 第2回 COUNTIF関数を使ったカウントの活用技 3/6

第2回 COUNTIF関数を使ったカウントの活用技 3/6

第2回 COUNTIF関数を使ったカウントの活用技| 1/6  2/6  3/6  4/6  5/6  6/6 

COUNTIF関数で月別の件数を求める

セルL5にCOUNTIF関数を使って5月の配達件数を求めてみましょう。範囲には、先ほどMONTH関数を使用して取り出した月数のセルを使用します。

  1. セルL5を選択する。
  2. [関数の挿入]ボタンをクリックし、[関数の挿入]ダイアログボックスを表示する。
    ▼ 図03-01 COUNTIF関数で月別の件数を求める
    図03-01 COUNTIF関数で月別の件数を求める
  3. [関数の分類]ボックスから[統計]を選択する。
  4. [関数名]ボックスから[COUNTIF]を選択する。
  5. [OK]ボタンをクリックし、[関数の引数]ダイアログボックスを表示する。
    ▼ 図03-02 [関数の挿入]ダイアログボックス
     図03-02 [関数の挿入]ダイアログボックス
  6. セルG5:G12をドラッグし、[範囲]ボックスに「G5:G12」と表示されたら[F4]キーを押して絶対参照にする。
    ※6月以降の月に数式をコピーすることを考慮し、範囲は絶対参照にします。
  7. [Tab]キーを押して[検索条件]ボックスにカーソルを移動する。
    ※ [検索条件]ボックス内をクリックしてカーソルを移動することもできます。
  8. セルJ5をクリックし、[検索条件]ボックスに「J5」と表示する。
  9. [OK]ボタンをクリックする。
    ▼ 図03-03 COUNTIF関数の[関数の引数]ダイアログボックス
     図03-02 [関数の挿入]ダイアログボックス

セルL5に数式結果が表示され、5月の配達件数が求められました。

6月以降の月についても、オートフィル機能を使用して月別の集計を出してみましょう。

▼ 図03-04 月別の配達件数
 図03-04 月別の配達件数

これで月別の配達件数が確認できました。次のページでは、COUNTIF関数と引き算を組み合わせて特定の期間の配達件数を求めてみましょう。

第2回 COUNTIF関数を使ったカウントの活用技| 1/6  2/6  3/6  4/6  5/6  6/6