HOME > モーグ学習室 > 仕事に役立つ Excel 関数 > 7_実践的なIF関数〜COUNTIF関数〜(Excel2016) 6/6

7_実践的なIF関数〜COUNTIF関数〜(Excel2016) 6/6

7_実践的なIF関数〜COUNTIF関数〜(Excel2016)| 1/6  2/6  3/6  4/6  5/6  6/6 

AND関数を使って、2つの条件を設定する

IF関数を2つ利用することで2つの条件を設定できました。
続いて複数条件を設定するけれども、分岐結果は2つでよいケースのIF関数活用方法をご紹介します。
例えば、「性別が男性」で「年齢が20歳以上」の場合には入場料は「1500円」、それ以外は「1200円」などのように、条件は2つ以上ありますが、分岐結果は2つという場合は、IF関数の条件文にAND関数(もしくはOR関数)を使用します。

今回は「性別が女性」で「有効期限内」、「法人会員」の場合には「特典あり」と表示させる数式を、AND関数とIF関数で作成してみましょう。

▼ 図6-1 IF関数を作成する
IF関数を作成する
  1. セルG3に「特典」と入力する
  2. セルG4を選択し、[関数の挿入]ボタンをクリックする
  3. [関数の挿入]ダイアログボックスから[IF]を選択する
  4. [論理式]ボックスにカーソルがある状態で、数式バー左側ボックスから[AND]を選択する
▼ 図6-2 AND関数を作成する
AND関数を作成する
  1. AND関数の[関数の引数]ダイアログボックスが表示されたら、[論理式1]ボックスに「B4="女"」と指定する
    ※1つ目の条件「性別が女」を指定します。
  2. [論理式2]ボックスに「F4=""」を指定する

    ※2つ目の条件はCOUNTIF関数やTODAY関数を使って指定することもできますが、すでに判定済みなので、そのまま利用します。

  3. 数式バー内の「IF」部分をクリックし、IF関数の[関数の引数]ダイアログボックスに戻る
▼ 図6-3 IF関数の[関数の引数]ダイアログボックス
IF関数の[関数の引数]ダイアログボックス
  1. [真の場合]ボックスに「あり」と入力する
  2. [偽の場合]ボックスに空欄を返す「""(ダブルクォーテーション2つ)」を入力する
  3. [OK]ボタンをクリックする
▼ 図6-4 数式をコピーする
数式をコピーする
  1. 数式が完成したら、セルG10までオートフィル機能を使ってコピーする
▼ 図6-5 特典の有無を確認する
特典の有無を確認する

2つの条件を両方とも満たす場合のみ「あり」と表示されます。
このように複数条件をすべて満たす場合には「AND関数」、いずれかを満たす場合には「OR関数」をIF関数の条件に利用することで、複数条件で判別させることもできます。

これで解説は以上です。お疲れ様でした!

7_実践的なIF関数〜COUNTIF関数〜(Excel2016)| 1/6  2/6  3/6  4/6  5/6  6/6