Windows (全般)

Windows OS 全般に関する話題を扱うフォーラムです。
  • 解決済みのトピックにはコメントできません。
このトピックは解決済みです。
質問

 
(Windows 11 Pro)
フォント導入日時
投稿日時: 22/09/08 14:59:34
投稿者: S.Kos

みなさま、こんにちは。
 
多くの人名を扱う何台かのPCに"IPAmj明朝"フォントを導入することになりました。
その作業を進める過程で、摩訶不思議な事態に遭遇しました。
 
あるPCには、既に"IPAmj明朝"フォントが導入されていました。
 
ありゃ? 誰かが手を入れている・・・?
 
フォント導入日時は、
 1 フォルダ "C\:Windows.Fons" を開き、
 2 「IPAmj明朝標準」を右クリックして「プロパティ」を見ると、
 3 作成日、更新日ともに 2014年9月19日
 
PCの導入日時は、
 4 エクスプローラを開き
 5 “ドキュメント”を右クリックして「プロパティ」見ると、
 6 作成日のみ 2020年10月5日
 
ナニが起きた(起きている)のでしょうか?
考え得る可能性をご教示いただければ幸いです。

回答
投稿日時: 22/09/08 15:56:18
投稿者: Suzu

どこに 疑問を持たれているのかが 不明確です。
 
 
1 既に 導入されている事でしょうか?
2 フォントファイル IPAmj明朝標準の 作成日、更新日 が 「PCの導入日」と異なる事でしょうか?
 
  2 は、そのフォントをインストールした日付を知りたいので調べたら PCの導入日と違った
  という意図だと思うのですが、
 
  正しくは その ドキュメント(MyDocuments)フォルダは、
 そのユーザー名で起動された時に作成されますから、正しく 起動日とは言えません。
 
  コマンドで、systeminfo.exe を実行すれば、起動日が取得できます。
 
 
  また、ファイルの作成日が、インストールした日とは限りません。
 
  例えば、他のフォントや、EXEファイル の作成日/更新日 を見てください。
  起動日より古い日付のファイルが見つかるはずです。
  単なるファイルコピーであれば、コピー日が、作成日になりますが
  「インストール」の場合は フォルダ 作成日 はインストール日になりますが
  ファイルは違います。
 
  基本的には、そのファイル作成元で作成された日になります。
 
  それを前提に
 
 窓の杜の記事
  独立行政法人情報処理推進機構、「IPAmj明朝フォント」をバージョンアップ
  https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/667618.html
 に

引用:
 【バージョン】 003.01(14/09/19)
とあります。
 
  インストールされているフォントの日付 2014年9月19日 と一致しますよね。
 
 
 
1. については、
インストール済みの ソフトに、そのフォントが含まれているのではないでしょうか?
 
窓の杜
  IPAmj明朝フォント
  https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/ipamjfont/
 
  v006.01(19/05/31)となっています。 最新ではありません。
 
 
 つまり、2014年9月から、2019年5月の 間で 開発されたソフトがインストールされており
 そのソフトに同梱されていたのではないかと推測します。
 
文字情報技術促進協議会
 IVS対応製品
 https://moji.or.jp/products/application/
の中のアプリケーション
 
或いは、オフィスソフト や、名簿・宛名ソフト(年賀状) なんかでも
フォントがインストールされます。
 
同梱されたアプリケーションがインストールされていないならば
フォントファイルを個別にダウンロードし、インストールしている事も考えられますね。

投稿日時: 22/09/08 19:24:31
投稿者: S.Kos

Suzuさん、早速のご教示ありがとうございます。
 
どーやら、私の「状況把握」がズレていたようです。
以下、重ねてご教示いただければ幸いです。
 
1 フォントファイルの「プロパティ」に記される"作成日、更新日"は、
   そのフォントファイルが作成された日時、であって、
   そのPCにインストールされた日時、では無いのですね?
 
2 該当PCだけでなく、周辺のPCにもOfficeとか太郎とかが入ってます。
  けれども"IPAmj明朝"フォントが導入されていたのは、該当PCだけです。
  ということは、誰かが「個別にダウンロードし、インストールした」と考えるべき、ということですね?
 

回答
投稿日時: 22/09/09 08:43:49
投稿者: Suzu

引用:
1 フォントファイルの「プロパティ」に記される"作成日、更新日"は、
   そのフォントファイルが作成された日時、であって、
   そのPCにインストールされた日時、では無いのですね?

 
インストール日では無い とは言い切れません。
フォントファイルは、ファイルをコピーしても動作したと思います。
なので、コピーした日 である可能性もあります。
 
でも、今回は そのフォントの古いバージョンの日付と一致しており
かつ、起動日より古い日付ですので、フォントの作成日であると思います。
 
 
 
 
引用:
2 該当PCだけでなく、周辺のPCにもOfficeとか太郎とかが入ってます。
  けれども"IPAmj明朝"フォントが導入されていたのは、該当PCだけです。
  ということは、誰かが「個別にダウンロードし、インストールした」と考えるべき、ということですね?

太郎 が 一太郎 の事だとして 最新の 一太郎2022 であれば
https://www.justsystems.com/jp/products/ichitaro/features/feature01.html
 
引用:
適切な日本語文書の作成を支援
日本語文書の作成を支援する機能が充実。脚注参照や、ふりがな機能を強化したほか、国際規格化が完了したIPAmj明朝フォントを搭載しており、扱える文字は約6万文字です。

とあり、同梱されているのだと思います。
 
また
https://www.justsystems.com/jp/news/j05151.html
にもある様に、他の製品にも同梱されているアプリケーションはあります。
 
ですから、いままでの情報だけで、個別にインストール した とは 言い切れません。

投稿日時: 22/09/09 09:17:33
投稿者: S.Kos

Suzuさん、重ねてのご教示ありがとうございます。
 
三台のPCで試してみました。
PC−A: 2020の秋に"IPAmj明朝"を導入したPC
PC−B: 今回新たに"IPAmj明朝"を導入したPC
PC−C: 今回新たに導入しようとしたら、既に"IPAmj明朝"があったPC
 
これらについてフォントファイルの「作成日」と「更新日」を確認したところ
PC−A: いずれもが導入日時
PC−B: 作成日が導入日時、更新日が公開日時(2019/5/30)
PC−C: いずれもが公開日時(2014/09/19)
 
詰まるところ、フォントファイルの日付情報だけでは、明確なコトは何も掴めない・・・
 
これまで殆ど意識していない日付情報、たいへん勉強になりました。
ご教示に感謝しつつ、ここで閉じます。
ありがとうございました。