Excel (一般機能)

Excelの一般機能に関するフォーラムです。
  • 解決済みのトピックにはコメントできません。
このトピックは解決済みです。
質問

 
(指定なし : 指定なし)
データの入力規則「リスト」の「元の値」の欄のカーソル移動について
投稿日時: 19/09/16 19:27:31
投稿者: シナモンペッパー

データの入力規則をリストにして元の値をコンマで区切ってリストをたくさん表示させたい場合があります。最初に入力規則を作成するときは、文字列をコンマで順番に区切っていけばいいのですが、シート内容の変更に伴ってリスト項目を一部分書き換えたい場合、変更位置にカーソルを移動するとセルアドレスが表示されるため、なかなかリスト項目の変更が出来にくいです。
 現在は、「元の値」のテキストをメモ帳に書き出し、メモ帳で書き換えて、「元の値」に貼り付けています。
コンマで区切るやり方でリスト項目を書き換える方法はありませんでしょうか。
 別の複数セルにリスト項目を書き出しておき、そのセル範囲を「元の値」に入力しておけば、簡単なんですが、シートによって項目数が変わるので結局「元の値」を書き換えなければならないので同じ作業なんです。

回答
投稿日時: 19/09/16 19:35:08
投稿者: んなっと

F2キーを押してみてください。方向キーで自由に移動できるようになります。

回答
投稿日時: 19/09/16 20:49:51
投稿者: WinArrow
投稿者のウェブサイトに移動

元の値
の文字列を〜〜〜〜と入れ込むのは
後々のメンテが大変です。
セルにデータを設定したほうが、楽になります。
 

テキストを羅列したものをセルで設定する方法
 
文字列羅列の例
青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島
 
 
これをセルに展開
A1:東北
A2:青森
A3:岩手
A4:秋田
A5:山形
A6:福島
 
次の名前を定義します
セルA1〜A6を選択して、「数式」−「選択範囲から作成」−「上端行」にチェックー「OK」
 
入力規則の「元の値」ボックスに
=東北
と入力します。
 
メンテは、セルを変更すればよいですが、名前定義も、↑で書いた方法で行います。

回答
投稿日時: 19/09/16 21:12:43
投稿者: んなっと

時々リストが変更されて個数が変動する場合は、必ず数式で対応してください。
以下は、Excel2007以降の場合です。
 
(例)
Sheet2のA列にリストがあるとして..
 
●Sheet2
 
  A
1 あ
2 い
3 う
4 え
 
●入力規則を設定するシート
 
  A
1 い▼
 
A1
入力規則:リスト▼:元の値:
=OFFSET(Sheet2!$A$1,,,COUNTA(Sheet2!$A:$A))
 
 
※Sheet2の一番上に列見出しがあるときは...
 
    A
1 リスト
2   あ
3   い
4   う
5   え
 
=OFFSET(Sheet2!$A$2,,,COUNTA(Sheet2!$A:$A)-1)
                     ↑列見出しの分を減らすため-1

投稿日時: 19/09/17 08:02:13
投稿者: シナモンペッパー

ご回答いただいた皆さん、いろいろな方法を教えてくださってありがとうございます。範囲設定では、項目数が減ったり増えたりしたときに困るので、数式で対応しようと思っております。それから、F2キーを押してみるというのは初耳で驚きでした。これもいつか必要なときのくる方法だと思いましたので絶対忘れないようにしておきます。