HOME > 即効テクニック > Word 一般 > 文字編集と段落操作

文字編集と段落操作|即効テクニック

Word 一般 :文字編集と段落操作

即効テクニックでは、随時テクニックの追加・見直しを行っております。
更新コンテンツは、即効テクニックトップページでご確認ください。 ⇒ 即効テクニック トップページ

文字編集と段落操作
フォントサイズの大きさをショートカットキーで変更する 
二重線を引く方法(二重取り消し線) 
確定した文字を再変換する 
アルファベット文字の横幅を揃える(和文フォント、欧文フォント) 
縦方向に文字を揃える(等幅フォント) 
日本語と英数字の間隔の自動調整を解除する 
フォントサイズをショートカットキーで変更する 
箇条書きの自動設定を解除する 
文書に透かし文字を設定する 
ドロップキャップの設定と解除 
文体を「です・ます」体に統一する 
囲み線の色を変更する 
文字をアニメーションさせる
変換した文字の読みを調べる
変換した文字の読みを修正して再変換する
段落で並び替えをする
文字の幅を揃える(均等割り付け)
一部の段落で行番号を振らない
文書を横書きから縦書きにする
縦書き文書中の横向きの文字を縦向きにする
ルーラーのタブ移動単位を変更する
ルビや組文字文字や均等設定すると描画が表示されない
文字を下線設定したら半角文字に文字均等割付すると二重線になる
ルビと文字列の間隔を修正する
隣り合った文字を別々に線で囲む
1つの文書内に異なる段組みを設定する
ルビに色を設定する
行頭のスペースを削除せずに中央揃えをする
ルビをふったときの行間を固定する
ルビを一括で解除する
Word97/98 の文字均等割付が解除できない
ルビの本文からの間隔を指定する
透かし文字を一文字ずつ好きな色に変更する
HTML形式保存での制限事項(文字・段落書式)
変更履歴機能を使って変更箇所を表示する
入力ミスをオートコレクトで修正する
文字にアニメーションを追加/削除する
文字書式の変更を次の段落に影響させない
表の一部分の文字方向を変更する
文字を縦倍角にする
文書頭にある表の上に空白行を挿入する
段落書式をクリアする
文字の下に二重下線を素早く引きたい
空白だけを除いて文字の下に下線を引きたい
フィールドを解除し、文字列に変換する
蛍光ペン機能で文字を強調する
箇条書きの行頭文字を画像などに変更する
文章を校正する
長い文章を要約する
脚注をつける
ページ移動 1, 2, 3  次へ