HOME > 即効テクニック > Excel VBA > > テキストボックスを作成する(AddTextboxメソッド)

テキストボックスを作成する(AddTextboxメソッド)|Excel VBA

図形操作関連のテクニック

テキストボックスを作成する(AddTextboxメソッド)

(Excel 2000/2002/2003/2007/2010)

新しいテキストボックスを作成します。

構文  Object.AddTextbox(Orientation,  Left, Top, Width, Height)
設定項目内容
ObjectShapesコレクションオブジェクト [省略不可]
Orientationテキスト配置の方向。
msoTextOrientationHorizontal(水平方向)、msoTextOrientationVertical(垂直方向)など
MsoTextOrientation列挙体の値を指定[省略不可]
Leftテキストボックスの左端位置を指定 [省略不可]
Topテキストボックスの上端位置を指定 [省略不可]
Widthテキストボックスの幅を指定 [省略不可]
Heightテキストボックスの高さを指定 [省略不可]

次のサンプルは、数式の入力されているセルの横に、数式の内容をテキストとして持つテキストボックスを作成します。

●サンプル●

Sub Sample()
    Dim c As Range
    
    For Each c In ActiveSheet.UsedRange.SpecialCells(xlCellTypeFormulas)
    
        '---数式が入力されているセルの横にテキストボックスを作成し、選択する
        ActiveSheet.Shapes.AddTextbox( _
            Orientation:=msoTextOrientationHorizontal, _
            Left:=c.Offset(0, 1).Left, _
            Top:=c.Offset(0, 1).Top, _
            Width:=c.Offset(0, 1).Width, _
            Height:=c.Offset(, 1).Height).Select

        With Selection
            .Characters.Text = c.FormulaLocal  '---テキストに数式の内容を設定
            .AutoSize = True                   '---自動サイズ調整にする
        End With
        c.Select    '---テキストボックス選択を解除
    Next c
End Sub