HOME > 即効テクニック > Excel VBA > ファイル操作関連のテクニック

即効テクニック

Excel VBA:ファイル操作関連のテクニック

即効テクニックでは、随時テクニックの追加・見直しを行っております。
更新コンテンツは、即効テクニックトップページでご確認ください。 ⇒ 即効テクニック トップページ

ファイル操作関連のテクニック 詳細
サブフォルダの数を取得する(Foldersコレクション) 
保存先フォルダを作成してブックを保存する(複数階層のフォルダ) 
ドライブ全体をファイル検索する(FileSearchオブジェクト) 
保存先フォルダが存在しない場合はフォルダを作成してブックを保存する 
フォルダ内の特定のファイルの拡張子を変換する 
フォルダ内のファイル名とファイル情報の一覧を取得する(WMI) 
サブフォルダを含めてファイル一覧を取得する(WSHでDirコマンドを実行) 
サブフォルダを含めてファイル一覧を取得する(Dir関数の再帰呼び出し) 
複数ブックのシートを1つのブックにコピーする 
ブックオープン時に自動的にフォームを表示して閉じる 
ブックの「作成者」プロパティを一括変更する 
ブックのプロパティ(DocumentProperty)を取得する 
[ファイルを開く]ダイアログボックスでただちに開く(FindFileメソッド) 
もうひとつの[ファイルを開く]ダイアログボックス 
CSVファイルの行数を取得する 
LFコードで改行されたファイルを読み込む 
CSVファイルを読み込む 
異なる区切り文字の混在したテキストファイルを読み込む(OpenTextメソッド) 
ブックのドキュメントプロパティを操作する 
隠し属性ファイルを削除する 
フォルダ内のファイル一覧を取得する
ごみ箱に削除する 
サブフォルダの一覧を取得する 
ブックのオープンと自動実行マクロ 
他の人がブックを開いている場合の対応 
ファイルをコピー/移動する 
固定長データをSplit関数で区切る
ブックのプロパティを取得する
拡張子関連づけでファイルを開く
フルパスからファイル名を取得する
テキストファイルを作成して保存する
他ブックのシートの使われているセル内容を全てコピーする
Openしたcsvファイルのシートをマクロを実行しているブックの一番前に保存する
別のブックをアクティブにして閉じる
Killステートメントでディスクからファイルを削除する
ブックのオープンとクローズ時にメッセージボックスを表示する
フォルダー内のExcelブックを全て印刷する
ブックを新規に作成する(フォルダに存在しなかった場合)
ブックが完全に閉じられたかどうか確認する
[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示する(GetOpenFilenameメソッド) 
現在のドライブのパスを取得する
ブックオープン時に自動的にフォームを表示して閉じる
[ファイル名を付けて保存]ダイアログボックスの初期値を設定して表示する
[ファイル名を付けて保存]ダイアログボックスで選択されたファイル名を取得する
ブックOpen時のエラー(要因その1)
「ブックを閉じる」がキャンセルされたことを判断する
他のユーザーにより使用中のブックを強制的に閉じる
変数の値をいろいろな方法でファイルへ出力する
CSVのデータ出力でヴァリアント型とした場合、元データと異なる結果は、文字列型に変換して出力する
テキストファイルの簡易全文検索
指定フォルダ内のテキストファイルを管理する
取得したファイル名をいろいろ加工する
ページ移動 1, 2  次へ