HOME > 即効テクニック > Excel VBA > セル操作関連のテクニック

セル操作関連のテクニック|即効テクニック

Excel VBA:セル操作関連のテクニック

即効テクニックでは、随時テクニックの追加・見直しを行っております。
更新コンテンツは、即効テクニックトップページでご確認ください。 ⇒ 即効テクニック トップページ

セル操作関連のテクニック 詳細
条件に当てはまるセルを検索する(Find/FindNext/FindPreviousメソッド) 
入力規則のリストを簡単に設定する 
行列番号を非表示にする(DisplayHeadingsプロパティ) 
セルにデータを一括挿入する 
セル内改行を削除する 
セルを結合/解除する(Merge/UnMergeメソッド) 
これだけはおさえるセル操作(1)−Offsetで自由自在 
これだけはおさえるセル操作(2)−Resizeで自由自在 
終端セルを参照する(Endプロパティ) 
複数のセルを併せて参照する(Unionメソッド) 
セル領域の操作−セル領域の重複部分を取得する(Intersectメソッド) 
コメントが追加されているかを判定する(Commentプロパティ) 
セルにコメントを追加する(AddCommentメソッド) 
数値から列番号を取得する 
特定のセルが見えるようにスクロールする(Gotoメソッド) 
セルのアドレスを取得する(Addressプロパティ) 
増分値・最終値を指定して連続データを作成する(DataSeriesメソッド) 
連続データを作成する(AutoFillメソッド) 
ハイパーリンクを設定する 
セルを結合しないで文字を中央に配置する 
セルの入力規則を設定する(Validationオブジェクト) 
対象セルを含む行全体/列全体を参照する(EntireRow/EntireColumnプロパティ) 
セルの内容に合わせて列幅/高さを自動調整する(AutoFitメソッド) 
タイトル行を除いて表の列幅を自動調整する 
セルのValue2プロパティとは 
文字列検索−Findメソッドの応用 
セルを切り取る(Cutメソッド) 
セルをコピーする(Copyメソッド) 
特定の空白セルがダブルクリックされたらメッセージボックスを表示する 
空白セルを探して値を貼り付ける 
アクティブセルを画面の左上端に表示する(ScrollRow/ScrollColumnプロパティ) 
空白行を削除する 
特定の列を下から検索する 
複数のセルを一度に変更することを禁止する 
挿入時のスマートタグを非表示にする 
特定のセル範囲が変更されたときに処理を実行する 
数式を数式バーに表示させないようにする(FormulaHiddenプロパティ) 
セル領域の操作−複数のセル領域(Areasプロパティ) 
保護されたシートで特定のセルのみ変更可能にする(Lockedプロパティ) 
列の値を別の列に足しこむ(PasteSpecialメソッド) 
セル/行/列を挿入する(Insertメソッド) 
A列の一番下の空白セルをアクティブにする 
セルの座標を取得する(Top/Leftプロパティ) 
セルの行番号/列番号を取得する 
セルに名前を定義する(Nameプロパティ) 
セルに名前を定義する(NamesコレクションのAddメソッド) 
名前付きセル範囲の参照範囲を表示する 
一定範囲の乱数を取得する
日付を検索する 
右隣のセルを参照する 
配列数式かどうかを判定する 

ページ移動 1, 2, 3  次へ