HOME > 即効テクニック > > セルとシートの操作関連のテクニック > 数式を残して値のみを削除する

数式を残して値のみを削除する|Excel一般

セルとシートの操作関連のテクニック

数式を残して値のみを削除する

(Excel 2000/2002/2003/2007/2010)

●概要●

セル範囲を選択して[Delete]キーを押すと、値と共に数式も削除されてしまいます。
ワークシートの数式が入力されていないセルのみを選択して、数式を残して値のみを削除する方法を紹介します。

●詳細●

  1. 表全体または、削除したい値が入力されているセル範囲を選択します。
  2. 《Excel 2007、2010バージョン》
    [ホーム]タブ−[検索と選択▼]−[ジャンプ(G)...]をクリックします。
    《Excel 2003以前のバージョン》
    [編集(E)]メニュー−[ジャンプ(G)...]をクリックします。
  3. [ジャンプ]ダイアログボックスの[セル選択(S)...]ボタンをクリックします。
  4. [選択オプション]ダイアログボックスの[定数(O)]を選択し、[OK]ボタンをクリックします。
  5. 選択範囲内の数式以外のデータが入力されているセルのみが選択されたので、[Delete]キーを押します。

●補足●

※ [ジャンプ]ダイアログボックスを表示するショートカットキーは、[Ctrl]+[G]キーです。
※ 頻繁に使用するフォームの場合、値が入力されていない状態でテンプレートとして保存しておくと便利です。

aotenスナックテクニックは、わかりやすい動画で公開中!
数式を残して値のみを削除する