即効テクニック

ファイル操作・他アプリケーションとの連携

ExcelワークシートをAccessで利用する

(Access 97/2000/2002/2003)

Excelワークシートをリンクテーブルとして利用できます。 Excelではできない複雑なデータ処理をAccessで処理できますが、リンク先がワークシ−トの場合には、データの更新と新しい行の追加はできますが行の削除はできません。 ワークシートを多くのユーザと共有している場合、日ごろはExcel中心に業務を行っている場合、データが頻繁に更新されているワークシートなどに最適です。

●手順●
  1. Excelのデータは、リンクしやすいようにデータ部分に範囲名を付けたり、結合セルなど使用している場合には、単純なワークシートになるようにデータだけのワークシートを作成しておきます。
  2. Excelのデータを利用したいAccessのデータベースを開きます。
  3. オブジェクトの欄から[テーブル]を選択し、[ファイル]メニューから[外部データの取り込み]-[テーブルのリンク]を実行します。
  4. [ファイルの種類]を「Microsoft Excel」に変更します。リンクを行うExcelのファイルを選択して[リンク]を実行します。
  5. ウイザードが始まりますので、それにしたがってリンクを行います。
●補足● Excelのデータ部分に範囲名を付けておくとより確実にデータをリンクできます。
aotenスナックテクニックは、わかりやすい動画で公開中!
ExcelのワークシートをAccessで利用する 」を動画でチェック