HOME > モーグ学習室 > 仕事に役立つ Excel 関数 > 第11回 平均関数を活用!特異なデータを除いて平均を求める 1/6

第11回 平均関数を活用!特異なデータを除いて平均を求める 1/6

第11回 平均関数を活用!| 1/6  2/6  3/6  4/6  5/6  6/6 

第11回 平均関数を活用!特異なデータを除いて平均を求めるには?!

平均を求める関数と言えば『AVERAGE関数』ですが、AVERAGE関数は引数に指定した範囲内の数値すべてを対象に、平均を求める関数です。

例えば、ある商品は半額セールを年1回実施します。半額ですから普段の数倍も売り上げがアップします。しかし、その商品の販売実績を集計する際、月間の売上数平均に半額セール期間のデータを含めてしまうと、どうでしょうか?
当然、数値は高くなります。でも、年1回の半額セール期間を含めた販売実績で、今後の販売目標を決めてしまうと、適切な目標にはなりえません。
もちろん実績を出すときは、半額セール期間のデータを含める必要はありますが、目標を立てる際には半額セールのような極端に異なるデータは除いて計算するほうがより現実的な数値を算出できます。

Excelには、極端に異なるデータを除いて平均を求めることができる『TRIMMEAN関数』や上位○%のデータで平均を求める『PERCENTILE関数』など、平均を求めるための関数が用意されています。

今回は、5年間のExcelスキル検定の月間受験数を使って、いろいろな平均値を求めてみましょう。

▼ 平均を求める関数は多数用意
平均を求める関数は多数用意

次のページから解説するExcelブックをダウンロードできます。
本文中、サンプルデータに入力する数値や数式は、カギカッコで囲まれて表示されます。

◎サンプルデータ (zipファイル 6KB)  >>ダウンロード

第11回 平均関数を活用!| 1/6  2/6  3/6  4/6  5/6  6/6