HOME > モーグ学習室 > 仕事に役立つ Excel 関数 > 第10回 表示形式を変更する関数を活用!書式設定を使わずに変更する 1/6

第10回 表示形式を変更する関数を活用!書式設定を使わずに変更する 1/6

第10回 表示形式を変更する関数を活用| 1/6  2/6  3/6  4/6  5/6  6/6 

第10回 表示形式を変更する関数を活用!書式設定を使わずに変更するには?!

日付の表示形式を「11月1日」、「2010/11/1」など、さまざまな表示形式に変更するには、セルの書式設定を使いますが、実は関数でも表示形式が変更できます。

例えば、計算結果を文章中に表示させたいときなどは、表示形式を変更できる関数と組み合わせることで、計算結果を見やすく表示できます。

表示形式を変更する関数には、指定した値を指定した表示形式で返す『TEXT関数』や数値に通貨記号や桁区切りのカンマを付けた形式で返す『YEN関数』『FIXED関数』が用意されています。

今回は表示形式を変更する関数を使用して、ゴルフレッスンの予約表や料金表を作成していきましょう。

▼ 一番短いレッスン時間や高いコースを確認する
一番短いレッスン時間や高いコースを確認する

次のページから解説するExcelブックをダウンロードできます。
本文中、サンプルデータに入力する数値や数式は、カギカッコで囲まれて表示されます。

◎サンプルデータ (zipファイル 2KB)  >>ダウンロード

第10回 表示形式を変更する関数を活用| 1/6  2/6  3/6  4/6  5/6  6/6