HOME > モーグ学習室 > 仕事に役立つ Excel 関数 > 第7回 IF関数を活用!IF関数で3つに分岐させる方法 1/6

第7回 IF関数を活用!IF関数で3つに分岐させる方法 1/6

第7回 IF関数を活用| 1/6  2/6  3/6  4/6  5/6  6/6 

第7回 IF関数を活用!IF関数で3つに分岐させる方法は?!

IF関数は条件文を作成し、条件を満たす場合、満たさない場合に異なる結果を返す条件分岐の関数です。
通常、IF関数では2つの答えに分岐することしかできませんが、さらにIF関数を重ねて3つ、4つ…と分岐させることも可能です。
また、IF関数の条件文に関数を使って、複雑な条件文を作成することもできます。

今回はIF関数を使用して、有効期限切れや提携の有無、特典があるかどうかなどを確認していきます。

▼ IF関数を使って、条件分岐した結果を表示させる
IF関数を使って、条件分岐した結果を表示させる

次のページから解説するExcelブックをダウンロードできます。
本文中、サンプルデータに入力する数値や数式は、カギカッコで囲まれて表示されます。

◎サンプルデータ (zipファイル 3KB)  >>ダウンロード

第7回 IF関数を活用| 1/6  2/6  3/6  4/6  5/6  6/6